光導波路の基礎岡本pdfダウンロードscribd

本講演では、超高屈ハイブリッド材料の実現方法、積層型フィルタやアサーマル光導波路への応用について報告する。 <16:10~17:00> 6. シルセスキオキサン型有機無機ハイブリッド材料

2 図書 光導波路の基礎 岡本, 勝就 コロナ社 8 図書 光導波路の電磁界数値解析法 左貝, 潤一(1948-) 森北出版 3 図書 光導波路解析入門 薮, 哲郎, 山内, 潤治 森北出版 9 図書 ミリ波帯ポスト壁導波路給電平行平板スロットアンテナの平面 光導波路 形成が試みられたが7-9),コア長が数mm程 度と短尺,クラッドが液体という課題が残っていた。本技術でこれらの問題を克服することを目指してい る。まず光集束現象を用いた光導波路形成ついて簡単 に説明する。光硬化性

光導波路として適しています.石英系 PLCはこれらの特長を活かして,こ れまでに広く光通信ネットワークに導 入,実用化されてきました. 現在,比屈折率差が1.5%,最小曲 げ半径が1mm程度(比屈折率差1.5%) の導波路まで実用化

3 図書 光導波路の基礎 岡本, 勝就 コロナ社 9 図書 光学機器の基礎 左貝, 潤一(1948-) 森北出版 4 図書 光導波路 川上, 彰二郎 朝倉書店 10 図書 光エレクトロニクス入門 = Introduction to optoelectronics 左貝, 潤一(1948-) 森北出版 5 2019/08/13 光ファイバーの先端を加工した際の戻り光を計算するシュミレーションソフトを探しています必要な条件として・先端の形がくさび型、円錐、レンズ型に対応・できれば無償のもの以上の条件を満たすようなものはないでしょうか? 高速・高密度光インターコネクションのための屈折率分布型ポリマー並列光導波路 2009.11 光学 プラスチック光ファイバーの現状と今後 2007.05 O Plus E, 29 (5), pp. 470-474 プラスチック光ファイバにおける分散とその補償 2007.02 2020/04/15

光通信工学 1. スラブ導波路(復習) 2. モード(姿態) 3. 光ファイバ 光パルス伝送 コア クラッド ? 特許の流れ:出願→拒絶理由通知→意見書・手続補正書→特許査定(約5年) 光通信工学305-1

k48(14:15~14:18) 電界イオン交換法による光導波路の作製と特性評価(i)(p)桑田康介(岡山大学大学院/環境) K49(14:18~14:2) 1ZrO 2 基超塑性発泡体への希土類元素添加が熱伝導率に及ぼす影響(I)(P)岡田正典(岡山大学大学院/自然) 光導波路型sprセンサを用いる生体分子・細胞計測システムの開発: テラメックス株式会社 代表取締役 近藤 義昭: 野田 進 電子工学専攻 教授: フォトニック結晶に関する研究-二次元フォトニック結晶レーザに関する研究- 三菱電機株式会社 情報技術総合研究所 本講演では、超高屈ハイブリッド材料の実現方法、積層型フィルタやアサーマル光導波路への応用について報告する。 <16:10~17:00> 6. シルセスキオキサン型有機無機ハイブリッド材料 イス,フォトニック結晶,非線形光学材料,光検出器,光導波路,光ic,光電 気・磁気・音響デバイス,各種オプティクス,有機光材料等 G 光通信 通信用レーザー光源(wdm 用,otdm 用,モード期等 ),光増幅(edfa,ラ 構造が複雑など、光導波路を伝搬する導波光から表面プラズモンポラリトンに結合できる適切なカプラが存在 しないためである。本研究の申込者は光導波路を伝搬する導波光から表面プラズモンポラリトンに結合できる カプラ構造を考案した。

超広帯域チップ間光配線のための導波モード選択集光グレーティングカップラ 今岡 良考, 大森 淳平, 濱田 芽衣, 裏 升吾, 金高 健二 公開日: 2003年10月14日

スラブ光導波路分光法の開発と紫外可視域の 吸収スペクトルのその場測定 固液界面のその場観察 固液界面にかかわらず、界面で生 じている現象をその場観察すること は非常に困難です。それは数nm程 度の幅の界面に存在している対象 フォトニクスシリーズ 13 光導波路の基礎 岡本 勝就 (有)岡本研究所 工博 著 光通信,光情報処理において重要な役割を果たす光ファイバおよび方形光導波路について,伝搬特性の理論に重点をおき記述した。さらに,実際的応用への手がかりとして,有限要素法,ビーム伝搬法などの数値 学位論文審査の要旨 学位論文題名 波長変換用非線形光導波路の解析法の 開発とその応用に関する研究 近年の情報処理・情報通信機器の普及にともない,大量の情報を蓄積するための記録媒体 として,光ディスクメモりの需要が著しく増大し,その大容量化・高密度化に対する要求が 光導波路の基礎 岡本勝就著 (フォトニクスシリーズ / 伊藤良一, 神谷武志, 柊元宏編, 13) コロナ社, 1992.10 タイトル別名 Theory of optical waveguides タイトル読み ヒカリ ドウ … 今回、光導波路を伝わる信号光の直径と結合端面の屈折率を同時に変換することができる新しい構造の光変換器を適用することで、一端面あたりの光損失1 dB以下が可能な高効率の光結合技術を開発することができた。本技術によって、光

光導波路列 ブロッホの定理・ブロッホ関数 u(x,z)=eiKxeiβzU 0 (x−x n) 隣接する導波路モードを 導波路の固有モード 位相をずらして合成 eiβzU 0 (x−x n) eiKx 固有値方程式 α j=k 0 2n j 2−β2 E y H y ⎫ ⎬ ⎪ ⎭⎪ = Aeiα 1x+Be−iα 1x Ceiα 2019/03/06 る光導波路に向けて光が伝搬していく 様子を図1に示しますが,電界は光の 進行方向に対して横方向に振動してい ます.進行方向に対して横といっても,図1の通信用光回路の基板を基準に すれば,基板に対して平行か垂直の2 つの せかいはつ 世界初!アレイ導波路格子(AWG)を用いた可視小型分光センサ アレイ導波路格子(AWG)は手のりサイズで、細かい間隔の波長(色)の変化を読み取れる分散素子 (材料は高純度なガラス) アレイ導波路格子(AWG) 26 mm 5 光導波路の基礎 - 岡本勝就 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天スーパーポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。 などの導波路構造の工夫により40 GHz程度まで高め 2.2 7Á ¼ Û 1* _ > E w µ q b ) ö λd n3r Vπ L = f3dB = 1.4 πneff − εeff c L L = 1.4c πneff − εeff f3dB neff − εeff neff − εeff 4 情報通信研究機構研究報告 Vol. 59 No. 1(2 スラブ光導波路分光法の開発と紫外可視域の 吸収スペクトルのその場測定 固液界面のその場観察 固液界面にかかわらず、界面で生 じている現象をその場観察すること は非常に困難です。それは数nm程 度の幅の界面に存在している対象

2015/01/22 2002/05/01 4 図書 光導波路の基礎 岡本, 勝就 コロナ社 10 図書 光ファイバと光ファイバ増幅器 : ますます増大する情報化時代でのその役割 須藤, 昭一(1952-), 横浜, 至, 山田, 誠(光学) 共立出版 5 図書 光ファイバ通信入門 末松, 安晴(1932-), 伊賀 11 光導波路解析 小柴正則著 (先端科学技術シリーズ / 大越孝敬 [ほか] 編集, B . エレクトロニクス||エレクトロニクス ; 2) 本書は、光技術の研究開発に不可欠な光導波路解析の基礎について、光導波現象の物理的描像を明確にさせながらわかりやすく解説したもので … ファイル概要・ご利用方法 PDFファイル 約1.6MB PDFファイルを閲覧可能なアプリケーションでご利用下さい。 サンプルを見る 本書について 刊行趣旨 光学設計を志す人を対象に、光学の基礎を分かりやすく解説した。 読者対象 読者の知識として 3 図書 光導波路の基礎 岡本, 勝就 コロナ社 9 図書 光学機器の基礎 左貝, 潤一(1948-) 森北出版 4 図書 光導波路 川上, 彰二郎 朝倉書店 10 図書 光エレクトロニクス入門 = Introduction to optoelectronics 左貝, 潤一(1948-) 森北出版 5

イス,フォトニック結晶,非線形光学材料,光検出器,光導波路,光ic,光電 気・磁気・音響デバイス,各種オプティクス,有機光材料等 G 光通信 通信用レーザー光源(wdm 用,otdm 用,モード期等 ),光増幅(edfa,ラ

大学などのアカデミック調査(学術調査)で用いるインターネット調査はマイボイスコムにお任せください。クオリティの高いデータと専門性の高いリサーチサービスで、先生方の調査研究を、責任を持ってサポートします。 ・登録許諾書,オープンアクセス方針適用例外申請書の様式を一部変更しました(2020.1.24)→様式ダウンロードはこちらから 新規登録のお知らせ ・エコノミア第70巻第1・2号を登録しました(2020.5.13) 表面プラズモン共鳴(ひょうめんプラズモンきょうめい、英: Surface Plasmon Resonance 、略称:SPR)とは、固体あるいは液体中の電子が、それら(固体あるいは液体)に入射した光によって集団振動を誘導される現象、あるいは、その集団振動のことである。 岡本 好弘・仲村 泰明: 情報ストレージ装置の高密度化のための符号化・復号化・誤り訂正等の信号処理に関する研究: 小野 和雄: 拡散型ガラス製光導波路の作製とセンサへの応用: 鉛蓄電池のマネージメントシステム: 松永 真由美 簡易表示 永続的識別子 info:ndljp/pid/10387560 タイトル 日本生物工学会大会講演要旨集 出版者 日本生物工学会 詳細表示 タイトル (title)